スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告

GVCもどきのもどき。

やはり真似たいGVC

GVCCバーバリアン
作りたかったのですが…フレーバーが違うのしか持ってないので仕方なく、フレンチバニラの代わりにバーバリアンクリームを入れたものを作ってみました。そしてオリジナルのGVCこと Grant's Vanilla Custard は当然吸ったことありません。吸ったことのないオリジナルをさらに人様のレシピ真似しようと思ったら香料が足りなくて変更を加えたものを吸ってみようと言うカオスな記事になります。



 【環境】
・Avocado RDTA 22mm
・クラプトンコイル、2mm軸、9巻き、0.8Ωほど
・20~25W


【GVCコピーの変形・バーバリアン版 5ml 作成】
①TPA グラハムクラッカー 3滴
②CAP バニラカスタードV2 5滴
③CAP NYチーズケーキV2 3滴
④CAP バーバリアンクリーム 3滴
⑤スイーターナー 2滴

上のフレーバーをベース(私はケンエーグリセリン)で5mlまで埋めて完成。画像の通り、ステープはひとまず2週間経ったのでで吸ってみましょう。



【テイスティング】 -y( ´Д`)。oO○

では吸ってみますと…。うん、まぁまぁ。普通に吸える美味しさです。柔らかい甘さのバニラの風味。全体的にもったりした感触でこの辺は想像通り。もっとガツンとした甘さが欲しかったが…このへんはアトマのセッティングにも関係してくるところかな。こういうリキッドって…私は見限った Fodi F2 の方が得意かもしれないとちょっと思った。

そして一発で思ったのは【やっぱバーバリアンじゃ駄目か】って事かな。エンドノート(吐き終わり)の風味がもう完全にバーバリアンやん!って感じで、ここはもっとバニラカスタードな感じがほしい。本当は④のところは【フレンチバニラ】なんだよね。GVCのコピーレシピは他にもたくさんあって上の作成例は比較的シンプルな部類。複雑なのはもっと多種多様なフレーバーを混ぜてありますが流石に真似出来ないし…。


とりあえず、フレーバー自体はかなり馴染んではいるけどもうちょっと深みがほしい。まだもう少し残っているのでもう一週間以上寝かしてから追試してみよう。あとグラハムクラッカーは個人的に超好きフレーバーなので入れてますが、なくてもいいかもしれない。世界の香料沼人たちも入れてる人と入れてない人がいる様です。

その他、このバニカス系でいくつか混ぜてみましたので折を見てレビューしたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。