スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告

Kamry Cassiel(カシエル) レビュー

先祖返り。

カシエルパッケージ01買ってしまった。未だ消えぬ【タバコSTYLE】への憧れ。VAPE…面倒くさいです。趣味として楽しんでる方は大変結構なのですが、私、【実用派】ですのでVAPEは趣味じゃないんです、今更ですが。

この手の電子タバコには一定のニーズが有るようですが、たいてい【電タバ初心者向け】ってな感じで紹介されがちです。確かにリアルタバコと違和感のないサイズ感や所作からその多くは初心者さんなのでしょう。最近ではiQOSやPlumeといったメジャー系電子タバコから移ってくる層もいるかと思います。

ですがこのブログでは【すでにVAPEを一周も二周もしてきた人がサブとして辿り着く製品】としての使い勝手に重点を置いて感想を述べます。個人的にはもうメインとしてコレだけでなんとかならないかぐらい思っているのですが実際どうでしょうか。相変わらず「お伝えしたいことは全部書く」をやってしまってクッソ長いので【本当に詳しく知りたい方】向け記事になりましたが…(´・ω・`)

それではどうぞ~ (・ω・)ノ


パッケージや本体デザイン、同梱品や操作など

カシエルパッケージ開封 Cassielインジケーター部 
付属品 Cassiel蓋開けた時 
一応画像を載せておきますが割愛します。他のブログでさんざん紹介されてますので。デザインについてはサイズ感は違うもののiQOS丸パクリで、それ自体は私自身どうでもいいのですが、こんなことを恥ずかしくもなくやる会社が作った製品、と言うところでは不安を覚えますね。あと予備のコイル1つついてないところもケチ臭い。kamryのくせに。20個ぐらい付けとけと思いますね!。流石にそれは無理か。


大前提

・味など期待してない。
・ミストは少ないほうがむしろいい。
・要はニコチン供給機としての役割を果たせるか。
・ライバル機で言われるじゅるり問題はどうか
・バッテリー持ちなど運用上の不便はないか。
・運用する上でリアルで厳しめのコスト計算は。

と言うところを重視していきます。


購入場所と価格

・GEARBESTにて3,200円程度。
・一応送料のオプションを付けたので+600円ほど
・合計3,830円ほど

国内で購入すると倍ぐらいの値付けになってますが…ま、この辺は海外通販のリスクなどを天秤にかけてご自身で判断すればよいのではないでしょうか。ちなみに何のトラブルもなく発注から5日間で国内に届いています。しかしGBは商品未着のトラブルも見聞きすることがたまにありますね。PayPal経由で購入であれば金銭的には後でなんとでもなりそうですがそういうのは面倒なのは確かです。
04-08に発注 04-12に国内入り 

必要なニコ濃度は

私がこのCassielを購入したのは【ニコチンフィーダー】として使えるかなのですが、この手のタバコを模したスタイルの電子タバコは、昨今のVAPEと言われる電子タバコよりコイル性能が3、4年前のレベルと大差なく、要するに煙量が少ないわけです。それ自体は好都合なんですが同時にニコチンの濃度も落ちてしまうため、ニコチン供給機としてCassielだけで満足感を得るためにはリキッドのニコチン濃度を通常のVAPEより上げて使用します。

・Cassielでは普段の2倍強、約20mg強度(濃度)で使用。

コレに関してはどれぐらいのニコ強度で満足するかは人によって違います。ひとまず私はこれで運用ということですのでご留意ください。満足できるのであればなるべく薄いほうが良いということです。


では運用開始

朝起きて眠るまでの運用、基本的に【好きな時に好きなだけ吸える環境】での使用感を残しておきます。通常はいま使っているVAPEと併用、つまり外では目立たないタバコスタイルのCassiel、家ではVAPEなんて使い分けすると思いますが実験検証中はあくまでもCassielだけで過ごします。
・本体、中のスティク共に満充電
・途中本体のスイッチを切ったりせず入れっぱなし
・本体、スティック共に電池無くなるまでどれぐらいか

Cassielスティック2本中途半端にドローが軽いかな。もう少し重い方が良かったですね。口吸い(タバコ吸い:一旦口に溜めてから肺に入れるタバコと同じような吸い方)でも重めの直肺吸いでも、どっちも出来てしまう感じ。しかしこの軽めの吸い心地ゆえライバル製品に言われてる「じゅるり」が起きにくい(※)とも言えるので難しい所。けどもうちょっと重めにできなかっただろうか…これ個人的には結構残念です。他所のレビューでも軽いとおっしゃってる方いましたから覚悟はしてましたけど。

※ 使い始めじゅるりは成りにくいと感じてましたが…後半に書きます。

最初さほど気にならなかったけどしばらく吸ってるとやっぱ僅かに感じますね。口吸いだけで満たそうとすると、中途半端にドローも軽いため一瞬の空吸い時間で口の中がただの空気で多少満たされてしまうため口吸いだけでは物足りなく感じます。なのでしばらく使ってるうちに自然と最初はゆっくりとした直肺で吸いつつ吸い込みの終わりごろに口に溜め、それを更に肺に入れる、という様な吸い方か、2回口吸いした状態から肺に入れるってな吸い方になってます。個人的にはまぁこれぐらいは許容範囲。

【2017-04-17・追記】第三回のジュルリ対策を施してからはドローも更に少し重くなり、口吸いだけでイケるぐらいに感じてます。

で、期待してない風味なんですが…「あれ?普通に風味感じるんですけど…w」意外や意外、勿論こういうタイプの味の出なさを考慮して少し濃いめの10%で香料混ぜてリキッドを作ってみたのですが普通にその香料の香りを感じることが出来ました。メンソ入れずにこれならいいかも! それでも一応最初から強めの香りの香料をチョイスしましたよ。TPA・HpnotiqⅡです。

清涼剤を10mlに10滴、添加して吸ってみましたがやはり清涼剤なり飽和メンソなりを入れた方がよりGood! 20mg強のニコリキだけだとピリピリした感じもあったのですがむしろ和らげられつつ清涼感がプラスされて実にいい感じです。コレ系の電子タバコは清涼剤(もしくはメンソール)あってこそって気がします。

煙量はリアルタバコと似通った程度。非常に好都合です。トイレで吸っても室内が真っ白になることもなく霧散してしまう程度です。

じゅるり問題

さてこれです。使い始め、3度、4度使ってるぐらいは確かにじゅるりもなく調子良かったので吸いながら書いてる先の文章ではじゅるりになりにくいのかと感じてましたがじっくり使い込んでいくと…
じゅるりまくるやんけおんどりゃああぁぁ(怒)!!
uooooo!.jpg他所様のブログや動画では殆どそんな事ほっっとんど書いてませんが(と言うか使い込んでないからまぁね、わかりますよ、はい、はいw)、派手なじゅるり音はしませんがやはりバレルの内部がミストで一杯になるとストローの様にリキッドが吸口まで登ってきます。それとなくは書いてくれてる方もいますけどね。

先端に溢れるじゅるり01これは直肺で吸ってるだけじゃなく口吸いだけで吸っててもなる時はなります、はい。画像を見ていただくとお分かりいただけると思いますが、チェーンしてると舌先にリキッドのピリピリ感が(笑)。
MAX先端に溢れるリキッドこれ私の唾じゃないですからね!! MAXまで溢れると次の画像のようにw 「ジュルッてきたな」と思った時にそっと口から離したらこうなってました。こうなると地力では治らないと思います。ニコリキなので体に良いものではないですが「ペペッ」っとやるだけで私はうがいもしませんけど自己責任で対処願います。

根元側にこより突っ込んで見る 根元側はこよりはほぼドライ 
一応根元の方のチェックもしてみましたが、こっちはやはり何も漏れてません。ティッシュ先端もほぼドライでした。バッテリー側なのでコレで正解です。

やはり先端にこよりを突っ込むと当然ですが先端側、バレル内部が結露してジュルッてるんですねぇ。【2017-04-17・追記】後のジュルリ対策で全く結露なんてしてないことから、単純にリキッドが上がってきてるのだと思われます。

やはりバレル先端がびっしょりでこよりもびっしょりティッシュを抜いてみるとびっしょり。画像でもお分かりいただけると思います。もう対処法は一度タンク部分を外し、コイル部をティッシュで拭いて&コイルもこよりを突っ込んで余分なリキッドを除去してあげるしか無いですな。タンク部のバレル内部もティッシュのこよりで水滴除去。残念ながら【ティッシュ一枚要らない】というところまでは至らないと思いました。あーめんどくさ。

一度メンテしてやると1度、2度ぐらいは使えるか…。ここでいう1度は【ひとまず吸って満足してPCCにスティックを戻す】ってのを1度、としています。けどまぁ結局コイツも一緒だったかと。どこまで許容できるかは個人差がありますが、私個人としてはこれは運用に多大な難があると言わざる得ない。ご購入を考えてる方はご自身の性格を鑑みて想像力を働かせて欲しい所です。ありか、無理か

ライバル機種であろう Malle のレビューを見ると頻度としてはこの Cassiel の方が最初だけはまだましなのかな…という印象ですが、私は Malle は持ってないので比較ができません。

バッテリー持ちは?

まぁバッテリーは概ね1日保つといえるかな本体のバッテリー容量は1200mAhと、ライバルの VAPE ONLY Malle が2250mAhなのに比べ随分劣ります。質感の安っぽさといい軽さには貢献してる面があると思うのですがやっぱりもうちょっとバッテリー容量は頑張って欲しかったところなんですが1日保つのかを試してみました。

実際のバッテリーの持ち(保ち?)ですが、【概ね1日持つ】と言ってよいのではないでしょうか。普段は通常のVAPEで過ごしてる私が【吸いたい時に吸いたいだけ吸って】Cassiel だけで過ごし、本体のバッテリー残量は画像の通りです。おおよそ18時間ぐらいは起きてて、コレだけでやり過ごせたのですから一応の合格と言って良いでしょう。この後のタイミングで本体バッテリー側のインジケータが黄色い点滅をはじめました。それでもスティック自体のバッテリーはまだ吸えるのでもう少しいけますね。

中のスティック単体では300パフ出来るらしいとか言われてますがまぁ無理でしょう。どなたかのブログか動画か失念しましたが80パフぐらいだそうです。ただ、いずれにせよ1回のベイピングで80パフもすることはまず在り得ませんから都度本体に収納して充電することになるのでそこは問題ないと思います。

今回使用したリキッドはこの Cassiel 用にDIYで作成しました。10ml。
TPA HpnotiqⅡ 10%
・HILIQ 清涼剤 10滴
・ニコチン強度 20mg強

一応数パフだけ、例外的にちっさいRDAにこのリキッドを垂らして吸ってみましたらかなりの冷感具合でした。しかし Cassiel 程度の電タバに入れるとかなり清涼感は和らげられますのでコレで丁度いいぐらいです。メンソール系は必須かと。吸った気になりますし。

★リキッドの消費量
先述の通り丸一日Cassielだけで過ごしてスティックに各2回ずつリキッドチャージしたので【おおよそ4ml】ぐらいの消費です。非常に省エネですね。 私が普段使ってるAvocadoなら数時間で消費してしまうぐらいのリキッド消費量で1日過ごせました。

★ではその満足度は?
問題はここです…と言うか個人的にはじゅるりする時点で致命的と言ってよいのでだんだんどうでも良くなってきてますが…やはり通常のVAPEと比較すると【常に物足りない感】があります。ただニコチン強度を20mgレベルに引き上げてることもあり、実際これだけでやり過ごせてます。リアタバ時代は【セブンスター以上の重いタバコを1日1箱半】は吸ってた私がやり過ごせてるのですから一応外出用のニコチンフィーダーとしての役割は果たせているのではないでしょうか。

★リキッドそのものについて
コイルの寿命を考えるのであれば当然色のなるべく付いていないガンクの出にくいリキッドを選択すべきです。割り切れるのであれば素グリにメンソ(清涼剤)+ニコチンぐらいでも良いはず。これはそういう使い方をする方があってる気がします。粘度もPGが多めのサラサラ系リキッドが良いでしょうね。2017-04-15・追記】リキッド粘度については後の2nd3rdレビューを読んでいただくと解りますが考えを改めました。


ようやくまとめ

ここまで読んでるもの好きも少なそうですが長くなりすぎました。
・やはり圧倒的なコンパクトさと手軽さ
・ドローは半端に軽い
じゅるりは、ある。もうこれだけで使わない人いるだろう
・どうせじゅるるのであればドローも重いMalleでいいのでは
・更にMalleはバッテリー2250mAhとCassielの倍近い
・リキッドに依るだろうが意外と風味はある
・物足りなさはあるのでニコ濃度は上げる必要があるかも
・ただこれで結局1日やり過ごせたのは事実(メンテ必要)
・リッキッド消費も極少で省エネ、約4mlほど
・バッテリーは1日持つと言って良いだろう(もっと欲しいが)


と言った感じです。もうなんですかねじゅるる時点で外で使う気にもならないって感じなんですが、ティッシュでメンテ出来るのであれば(それが我慢できるのであれば)ニコチンフィーダーとしては一応使えるかなという程度ですね。じゅるりについては「Cassiel、お前もか」といった所で致命的に残念ですが、この手の電子タバコでは避けられない運命なのですかね…。

コイルの個体差とかもあるかも&吸い方の工夫で…なんて事も考えましたが、そんな工夫が必要な時点でもう失格なんですよね。やっぱ吸口細いとこうなっちゃうんですかねぇ。ガッカリです(´・ω・`)。

それはコイル寿命とリビルドの検証、厳しいコスト計算
ですが、じゅるり系の使い心地をまず先にお伝えしたかったのとコイル寿命がまだ来てないので一旦上げました。しょーーーーじき、もう寿命とかコスト計算とかほぼどうでも良くなってきてるんですが(´・ω・`) 気が向いたらやります。向いたことはないですけどね。

それでは長々書きましたがお疲れ様でした。(・ω・)ノ あーあ。


【追記】じゅるり問題を解決すべく、第二回第三回のレビューも記事追加しております。よろければご覧ください。

関連記事
スポンサーサイト
Category: 機材の感想

コメント

295.Takeyama
ジュルリますか
再度こんばんは。
先の3つのアトマが満足度高かったのに対してこちらはご不満なようで。私はオートパワーのラグがどうも苦手で当分はそれ系には手を出さないです。コイルのリビルドでジュルリを解決出来たら経済的な面でも良さそうですが、想像するにかなり小さなコイルの筈なので難度高そうですね。

やっぱりタバコサイズを渇望する所は誰しもあるんですよね。時折こういうのが欲しくなっちゃう気持ち分かりますが、大概ガッカリな結果になってしまいますな。私はもうちょっと大きくても良いのですが、現状だと満足度の高い物に出会えそうにないですね。

オートパワーの件も含めてあと3年ぐらい待ちますかw
297.貧Vapor
Re: ジュルリますか
再びおはようございますw
いやぁまいりましたね(´・ω・`)…しかし…まだちょっとやることがあるなと思って試み中なんですけど、結果は近いうちに追加記事書きます。ってか書きながら試みてますw ラグはあるなっての分かりますが、自分はそこまで気にならなかったりして。試み中は更に気にならないですな。

コイルのリビルドは寿命が来る前にもうバラしたろかと思ったのですが、その試みが済んでからでもイイかと思って思いとどまってます。しかも今悪くない感じでして。タバコサイズとその所作が同じってのはステルスにはやはり必須。さきっぽが光るのも必須w バラすと私28Gしか細いの持ってないのでたぶん無理そうですな、30Gぐらいいりそう。とにかく試みが今好感触なのでもうちょっと経過を見て追加記事にしますw

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。