Kamry Cassiel その後 2nd レビュー

ある勘違い。

前回じゅるり問題からもはや駄目かと思われたCassiel。本来、【お手軽】でなければならないタバコスタイルの電子タバコなのに、じゅるりのせいで結局ティッシュやらでこよりを作って、タンク外して水滴(リキッド)拭き取って…なんて「アホか」と言う事なのであります。

もうこの【じゅるり】だけで個人的には致命的だったわけですが、まだ試みてないことがあるなと、気づきました。その試みとは??

結果どうなったでしょうか!? これ、今試みながら記事を書いておりますので、この時点では私自身も結果を確認できておりません。それでは御覧ください (・ω・)ノ


じゅるる、という事はどういうことか考えたら…

そう、このじゅるり。じゅるる、と言う事は当然結露した呼気の影響もありましょうが、それよりもっと根本的な部分、要するにリキッドが【供給過多】なのだと。

ジュースホールが大きくない、この手のタバコ型VAPEはリキッドの粘度が高すぎるとコイル部にリキッドの供給が追いつかずドライヒットしてしまうのではないか?
と言う思い込み。
が一番の原因ではないかと思ったわけです。

ならば試そう、クサノハVG 100%

第一回目のレビュー時に使用したリキッドは先に書いた先入観からサラサラのリキッドを作成して使用しました。PG:VG 50:50 ぐらいのリキッドでした。

クサノハブログ用しかし今回はじゅるり問題の根本的解決としていわゆる【MAX・VG】と言われる粘度の非常に高いリキッドを簡易に作成して使用してみます。いわゆる素グリでお試し運用してみるわけです。今回使用したのは クサノハ化粧品から発売されておりますVGでVaporの間でも既にお使いの人も多い一品。

なので吸って見たわけですが…明らかに最初よりドローが重い。これは期待できる感触ですw 直肺で吸うより口吸いの方がしっくり来る感じで尚良しといった具合。更に吸って継続して使ってみますと…
このデバイスはVG・MAXで丁度いい
と思える快適さです! PV50:50の時より遥かに好調が長持ちします!!どなたかのブログで口吸いならじゅるり殆どないよと書かれていましたがそれに近い!

と思ったけどやっぱダメだわ。

PG比率高いリキッドの時よりはだいぶ緩和されるというかジュルルまでの時間は稼げますがじゅるってしまうとやっぱり上に上がってきますね。

このあとニコチン添加して試したのですがニコチンと清涼剤の分、VG比率は更にちょっと薄まってしまうのでリキッドがサラサラになりますから余計にですね。

まとめ

なるべくVG比率高めて使うと多少緩和はされる。

と言った感触でしたが、タンク内部で「プツッ」とリキッドが跳ねる音がしだしたらもう飽和寸前ですね。それでもVG高めで吸うとじゅるりの頻度は少し落ちる上、なぜか吸い心地がよくなって(抵抗感が上がってドローが少し重くなり)口吸いが良い感じにはなりました。直肺で勢い良く吸うとリキッドを上に吸い上げてしまうだけになりそうです。

結局ティッシュでこより作るのは避けられないという具合。せめてリキチャのタイミングまで持ちこたえてくれれば、どうせタンク外すんだしついでにコイルをティッシュで拭いて…ってのも許容出来ようというものですが、そこまでも持ちませんでした。リキチャ前にじゅるります。

コレでは個人的には【失格】の烙印を押さざる得ません。ま、もうちょっと使ってみてコイルの寿命を感じたらばらしてみてリビルド可能か試してみましょうかね。ちっさすぎて無理っぽいですがw

【追記】いや、まだもう1つやるべきことがあった。それを今試していますが…悪くないかもしれない。結果はまた第三回のレビューで追加記事としたいと思います(笑)。

それではまた。

スポンサーサイト
Category: 機材の感想

コメント

299.redbug
残念
はよーす。
怒涛の更新でびびりましたw

これは自分も思ったんですが、VG-MAXでも吸ってると温度上がって
粘度が下がる為に根本的な解決にはならなそうだなぁと。
連続チェーンせずに、冷えた時なら2,3服ならじゅるりも緩和されそうだけど
気を使って運用するのも面倒そうですしなぁ。

しかし、前回から引き続いての検証お疲れ様です、最近のペンタイプが
どれくらい進化したのかよく分かりましたわ。
うちの運用スタイルだとやはり縁がなさそうなデバイスですが、出張やらだと
便利そうなんで、使える様なら1つ確保しても良いかなと思ってたんすよね。
もうしばらくデバイスの進化待つことにしますわw
301.貧Vapor
Re: 残念
こちらもちわす。
「まだだ、まだ終わらんよ」って感じでラスト試み中ですw これが今のところいい感じですからまた結果は記事追加します。なんか惜しいんですよ、なのでまだ諦められないww

そうなんです、コイルが熱くなると更に粘度も下がるので。しかし…詳しくは追記で!

確かに気を使って吸ってるなんて意味がないですもんね。運用中の面倒も致命的。今試してるのは「最初の面倒さえクリアすれば」です。乞うご期待! ハード的に進化してるのは昔は二秒で壊れたオートスイッチが壊れにくくなってるだけ、ですね。コンデンサの種類が変わったそうで。どっかで読みましたw 逆にそれ以外はコイルも何もたいして進化はしてませんねぇ(´・ω・`)

コメントの投稿

トラックバック