スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告

コイルの寿命

何を持って寿命なのか…


クラプトンコイル カンタルマイクロコイル 
実際よくわからないんですよね。今まではビルドを変える時に必然的に交換してきましたが、完全にその辺りも固定になってきた実用Vaporの私は今、コイルの寿命を推し量るべくずっと同じコイルを使用しております。


 
スペースドカンたるコイル 
市販の交換コイルを使用するクリアロマイザーなんかだと、コイル自体は平気でも中に仕込まれたコットンが焦げたりしてダメになり分解が難しいものだとそこで終わりとなるのですが、そこはリビルダブルなコイルですとコットンは簡単に交換出来ますのでコットン交換だけでやり過ごしていくスタイルです。


クラプトンコイル・リール 
クラプトンコイルは結構高いので3mで480~800円もしますからね!お店によってだいぶ幅があるんですけど (・∀・;) …まぁ客寄せのためにこの辺(消耗品類)を安くしているお店とか色々戦略があるんでしょうな。


んでだいたい私で1回15cmもあれば十分です。20回もビルド可能!これが多いか少ないかということですが、頻繁にビルドをいぢくる人だとあっという間でしょう。カンタルコイルならお安いもんですがクラプトンだとちょっと財布に響いてきます。けど送料を考えるとコイルだけ買うって人も少ないか。

現在私が Avocado 22mm に組んでいるクラプトンコイルですが、これは10月入ってすぐ組み直したもの。すでに一ヶ月半を過ぎています。この時点で【1年半以上、一度コイル買えば保つ】ということですね。ガンク(リキッド成分カスなどの焦げ汚れ)が付いてきたらドライバーンしてちょっと水に浸すぐらいの使用でずっと来ております。

全く問題は感じておりません。

なので、何か味やその他で問題点が出てくるまで使おうと思っています。むかーし他人様のブログで半年は付けっぱの人の記事を読んだのですがその後どうなったか定かじゃないので自分でやってみることにしました。

今度コイル交換する時はまたここで報告したいと思います。おしまい。
関連記事
スポンサーサイト
Category: 運用あれこれ

コメント

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。