スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告

新兵器Ⅱ

新たに登場となったのは…。

ダイソーラテミキサー全容覚えているだろうか…買ったは良いが先端の撹拌部分が大きすぎて自分が愛用してるリキッドボトルに入らずお蔵入りとなったあのハンドミキサーを!。

先端切断あれから先っぽを切断して代わりに何か取り付けて…なんてやってたんですが、そもそもの精度が悪くて軸が曲がったりしてるわけじゃないのにちゃんと回らなかったりでブルブルしてたんですよね。センターズレてる時と、何かの拍子でカチッと合うとヴィーンってな感じでちゃんと回る時があったりでしたが、もう面倒で見切りを付けました。

新たに目をつけたのは同じく100均からセレクトしましたコレです!

電動字消し!!

電動字消し製品
ダイソーの【電動字消し】マッシーン(税込み・108円)でございます! コレ良さそうなんですよねぇ。当然ながら消しゴムマッシーンですのでそもそも軸はないので自分で何とかしないといけない訳ですが…。製品自体は前から知ってましたが【微振動系】と勝手に思ってて、動画見たら単に回転してるだけでしたw 使える!

シンプルイズベストの中身もう他にもこの電動字消しのブログはゴマンとあるので中身もたいてい紹介されてますが一応載せときます。シンプル!

モーター部アップ電池とモーター直結の高効率(笑)!配線すらありませんね。メカニカルMODのようです(ちげーよ)。いやこのシンプルさには相通ずるものを感じますね!爆発はしないと思いますが。

あとハンドミキサーと違って【ボタンを押してる間だけ駆動する】と言うところも気に入りました。そして何より小さい。早速加工を考えましょう。にしても、色がねぇ…本当は白が欲しかったのですが…売ってなかった(;´Д`) また別のダイソーで見かけたら買おうっと。先端を変えるだけだし予備機はあってもいい。108円だしw


軸だけ利用んで軸をどうしようかと思ったのですが…あ、例のラテミキサーの軸を使えばいいやんとひらめいたので引っこ抜きました。本体の中が空洞になってますが本当はモーターが入っています。
これはもうバラしてしまった後の画像。

シリンジの先これ、無い人は竹ひごなりアルミやステンの棒なり、なんなり用意するしか無いですな…。根元部分も何かいるでしょうし。あ、太めのシリンジの先なんかも行けるかと思ったけどちょっと頼りない感じがしますね。


ハンドミキサーの軸を移植これなら非常に移植自体は簡単ですね。モーターの軸なんてこのサイズなら皆同じでしょうし。予想通りバッチリ刺さりました!もはや完成したも同然です。

先っちょは適当な壊れた時計の部品ちなみに先っちょには悩みました。ただの棒では撹拌力が弱いだろうし、あまりデカイと入らないので。持ってきたのはとりあえずですが壊れた目覚まし時計の中から取り出したギアパーツw 


やっぱりブレるやんけでは…スイッチON!!って全然ブレブレですやんwww これではラテミキサー使ってた時と何も変わりませんw あんれぇ?('ε';) ブレる分だけ音もうるさいし。消しゴムのまんまの時は割りと「ウィーン」ってだけの普通のモーター音だったのだが…。これは困りましたね…センターがそれほどずれてるとは思えないんですけど。

このラテミキサーの軸じゃ駄目だったら痛いなぁ。ってか棒の素材強度自体が足りないんでしょうかね。だから遠心力に負けてしなってブレちゃうのだろうか?。もう少し短くしても良いかもしれないが…そうすると50mlボトルぐらいしか混ざらん気がするし…。軸の固定方法から考え直して別の軸を使うか…。うーん…まぁ軸自体はいざとなればもう一度ラテミキサー買っても良いんですけどね、根本の部品欲しさに。

けどよく考えたらこんなにブレるんなら先っちょ切断したラテミキサーのままで良かった気がしてきたのは内緒です。いやいや、この手に馴染むサイズ感と押してる間だけっていう手軽さを手に入れたのでそれは良しとしておこう…。別に押してる間だけじゃなくてもいいような気もしてきましたがそれも内緒です。


ともかく1回使ってみないことには真価を測れませんね。早速何かフレーバーを混ぜてみましょう。

しかし混ぜてるところを画像に撮れないw 片方は容器を手に持ってないといけないので…(;´∀`) 試しに5ml容器で混ぜてみましたが、手でシャカシャカやるのとは比較にならぬ撹拌力!!(・∀・)イイ!! しかも気づいたのですが電源ボタンを押す力よってはアナログ的な強弱の加減ができたりして!接点の具合でそうなるんでしょうかねw ちょっと慣れれば簡単に強弱加減が出来るようになりますぞ。

※撹拌前後の画像を撮り直しましたので追加しました。
撹拌前ファッキンBANANAいや~混ざってませんね、圧倒的に!完全に分離状態で困ったなぁ!などと白々しくいいつつ…先っちょを沈めていざ電源ON!!

ちなみに容器は最近届いたばかりのケーエム20ml容器。とりあえず10個。あと10mlも30個仕入れました。

撹拌直後ファッキンBANANAみごとに超撹拌具合で空気も入りまくりでフワフワです。
作成したのは前に作って味見したファッキン赤ラベルです。もちょっと吸いたくなったので20mlバッチで作ってみました。が、今回 TPA・BANANA CREAM を少し時間をずらして後入れしてみようと思ってます。一週間ぐらいずらそうかなと。

撹拌直前チョコアンバーベース01 撹拌後チョコアンバーベース 
お次はCAP・ダブルチョコと FA・アンバー のチョコベ ース配合試作の品。見事にクリーミーなほど混ざってます。コレで混ざってないわけがないぐらい混ざってますよね。

5ml容器だと小さいのでフルパワーじゃなく加減しながらやると飛び散りもせず快適!フルパワーでも先端をちゃんと沈めてれば飛び散るって感じではないですがブリュってちょっとはみ出ちゃう時がありました。10ml以上ぐらいの容器ならまぁフルパワーでも問題ないでしょう。

ただ長いことボタン押してる親指がちょっぴりダルくなるかな。そこは休みつつw


まとめ

サイズ感はこんなものこれ、気に入っちゃいました。特にリキッド作った最初の撹拌にはいい感じ。一度これでしこたま混ぜちゃえばあとはまぁ手でフリフリするだけでもいいかな、なんて思えますし何よりちょっと楽しい(^ω^ )。
何と言ってもサイズ感がラテミキサーより圧倒的に好きな感じ。とても扱いやすいです。

軸のブレ具合が逆に撹拌力を上げてる気もしますが動作としては低級な感じもしますので撹拌力は追々軸先端のフィンをもっとなんとかすることで上げるとして、やっぱり軸のブレ自体は減らしたいなぁと。←と、思っていたらもっとしっかり先端のパーツを固定したらブレは大分少なくなりました…このままでいいかも!

と言いつつ次の日にソッコーで改良w

先端改造後上の画像から更に先端を改造。22Gのカンタルを曲げ、テープで仮止めしたあと熱収縮チューブでまとめてひとまず完成としておきます。ブレも少なくて良好です!

先端改造後完成電池がラテミキサーの単3×2本から単4×2本になったのでパワーや保ちが心配でしたが、かなり色々いじりながら使ってても結構イケる感じでした。それでもエボルタなどの充電池で使うのが吉でしょう。

網押さえゴムを使う先端の接続について。上の段階ではテープで仮止め、熱収縮チューブとかややこしいことしてましたが、【網押さえゴム】という網戸を張り替える時に使うゴムパーツを使って差し込むだけのほうがよっぽど簡単なので追記しておきます。このパーツ、私は3.5mm径を買ったのですが4.5mm径ならば電動字消しの最初の軸にそのままハメることが出来ると思うのでどうせ買うのであれば4.5mmがおすすめです。4.5mmの網押さえゴムであれば軸自体を【ラテミキサーの軸じゃない他の何か】で代用出来るかなと。自分が3.5mm(コレ自体は失敗)買ってしまったので試せてないのですが…。

網押さえゴム断面 まず網押さえゴムを軸にねじ込む 
まず網押さえゴムを適当な長さにカットします。それを軸にグイグイ押し込んで…。

カンタルフィン・片足短くカット まず片足を入れてこの様なペンチで軸とゴムの間に入れていく 
先端のパーツも用意します。これは22Gのカンタルを4mm軸の治具で巻いて適当に整形したもの。片足だけ短めにしておくとやりやすいかも。これをラテミキサーの軸と網押さえゴムの穴との間に挟んで入れていきます。

先端部拡大 小容量ボトル用撹拌マッシーン完全完成 
あっという間に接続完了。熱収縮チューブとかややこしい事するよりずっと簡単でしたw と言いますか、私は網押さえゴムを使っただけで別にコレじゃなくても固めのゴムで出来たチューブ状の何かなら同じことが可能かと。

ラテミキサー版先端部拡大 2つとも完全完成 
ラテミキサーまんまでも先端を切断してから作ってみました。中ボトル用として作ったのですが、やはりボタンを押してる間だけ駆動する電動字消しの方が使いやすかったのでこの後バラして軸は電動字消し(二つ目)に移植しました。
---------------------------------------------【追記おわり】

軸は結局ラテミキサーのものをそのまま使うのが一番簡単です(その場合ラテミキサーの代金150円も必要になりますが…)。先端さえ切断するなり入るようにしてしまえばラテミキサーそのまま使えばいいと思いますが少容量を撹拌する時はボタンを押してる間だけ駆動する電動字消しの方が使いやすく思いました。使うボトルの大きさで電動字消し改とラテミキサーのまんま(先端は改造)と使い分けるのがベストかな。今回はどちらかと言うと5mlと10mlの小容量タイプ向けですね。

ダイソー電動字消し改、撹拌マッシーンはなかなか気に入りました。さっそくS・クッキークリームでも仕込むか。

それではまた。

関連記事
スポンサーサイト
Category: 運用あれこれ

コメント

249.redbug
もうちょっとカットして
こんばんはー。
製作費216円は魅力的すぎますなぁ。
この手のミキサー欲しいなと思いつつ持ってなかったので参考にさせてもらいますw

5ml試作用なら先端をもうちょっとカットして短めにしても良さそうですな。
その分ブレも少なくなるだろうし、ただちょいオーバーパワーな気がしないでもないすな。
後、先端を複数本用意して、同時に多数制作した時にも対応できるようにすると素敵!
とか思いつつ、手を出す余裕がないので近々ダイソーにかちこみかけてみますw
250.貧Vapor
Re: もうちょっとカットして
こんばんはw 
本文にも書きましたが電動字消しはアナログ的に強弱を調節出来ますよw けどフルパワー時で長いこと押してるとはちょっと親指がだるくなるかな(コレ追記しとこう)。当然先っちょはケーエムと瑞穂のボトルに入るようなサイズにしてあります!

まずラテミキサーの先端だけ切断して改良でも良いかもですね。20ml~のサイズならラテミキサーだけの方が良いかもしれません。けどまた電動字消しが欲しくなってダイソーに何度も行くのも面倒でしょうからどうせならご一緒にw 書いてませんが電動字消し自体はこの時2つ買いました。

後ほど撹拌前後の画像も追加しときます(・ω・)ノ
251.Takeyama
お見事
以前のミキサーの記事はVape関連で一番笑いましたけど諦めてなかったんですねw まさかミキサーまでDIYしちゃうとは。中身のモーターが昔懐かしいミニ四駆みたいになってるんですな。

しかしこれ確実にスティープ期間短縮になりそうですね。
252.貧Vapor
Re: お見事
ありがとうございます。見事にリベンジを果たしましたw
そうなんです、この電動字消し撹拌マッシーン、モーターの交換も非常に容易でいざとなればミニ四駆用のどえらいモーターにも換装可能かと思いますw けどどっちかっていうと回転数よりトルク重視のモーターのほうが良さそうですね。

最初にこれだけ空気も混ざれば短縮出来るかなぁ? やり過ぎは逆効果な気がしますから最初の1回目だけでイイかなと思ってます。けどステープ動画でも言ってましたが結局「途中で味見しろ」って感じですよねw
253.oshinbaks
こんにちは、始めまして。
oshinbaksと申します。
ROM専ですがいつもブログを拝見させて頂いています!
毎回参考になる記事ありがとうございます。

今回の記事はもうROM専じゃ居られなくなるほど目からウロコが落ちました!
普通のボトルやユニコーンは自作ミキサーや超音波でなんとかなってたんですが、
ケーエム点眼容器のスティープだけは容量が小さすぎて効率よく行かなかったんです…
今度ダイソーに行った時に絶対買おうと決意しました。

貧Vaperさんがお許し頂けるなら、この記事をTwitterにてシェアさせて頂けませんか?
貧VaperさんはTwitterアカウントをお持ちではないようなので失礼だとは思いますが、
この記事によって救われる(大袈裟)人がかなりいるような気がします。

初めてのご挨拶で大変無礼だとは思いますが、どうかよろしくお願いします。
今後もブログを拝見させて頂きます!
長々と失礼致しました。
254.貧Vapor
Re: タイトルなし
はじめまして、コメントありがとうございます。
いつも記事やRedbugさんとのツイートを覗き見させてもらってましてめちゃめちゃ参考にさせていただいてます。実は偶然にも昨晩VAPE用のアカウント作ったんですがTwitterでのシェアというのが良くわかりませんので好きになさってくださって結構です!。よろしくお願いします。m(_ _)m 後でフォローさせてください!

電動字消し撹拌マッシーンはラテミキサーのサイズ感とスイッチが嫌な場合はかなりおススメです!

oshinbaksさんのブログも過去の記事中で幾度もリンク貼らせていただいてまして申し訳ありません。カラムのところにもリンク貼らせてくださいね(事後w)。
ご丁寧にありがとうございました。こちらこそよろしくお願いしますm(_ _)m

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。